2008年08月20日

地球温暖化

毎年のように、特に夏場になると、今まで経験しなかった珍現象がこの田舎では起きています。
今年も例にたがわず、今まで見たこともないような現象が起きています。今年の珍現象は「毛虫の大発生」です。

今年は秋になっても「柿」はほとんどできないでしょう。今、柿の木が99%、毛虫にやられています。しかも、柿の木は、ほとんど全ての葉を食い尽くしてしまい、まっ茶色の葉になってしまっています。
こんなに発生したのを昔の人も見たことがないと言っています。

木を見上げると、葉という葉に灰色の2cmくらいの毛虫がビッシリとくっつき、異様な風景です。風が吹くとこの毛虫が飛ばされて、他の木や草にくっつき、またそこで葉を食い尽くすという状況です。
人も近寄れないほどの圧倒的な虫の数に”異常”を感じずには入られない昨今です。

こんなに広がってしまった状況では殺虫剤もほとんど役に立たないのかもしれません。これもまた「地球温暖化」が原因しているように思えるのですが・・。一体地球はどうなってしまったのでしょうか。
posted by てつ at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。