2009年06月20日

コウモリの糞

梅雨の季節だというのに、ここは一向に雨が降らない。
水がないと畑は致命的。野菜はすぐに萎れてくるし、土は固くて耕せない。さらに雑草も大変取りづらい。

早速、水がないと弱い野菜の根元に”わら”を敷いてやる。根元に日陰を作って、少しでも水分の蒸発を弱めると同時に、陰で雑草も生えにくくする効果がある。
水がないと弱い野菜の筆頭は「なすび」。それに「ミズナ」、「ごぼう」、「ピーマン」、「青とう」など。逆に少々水がなくても十分育つ野菜の筆頭は「サツマイモ」だ。「ジャガイモ」も水をあまり必要としない。

話は変わるが、昨日僕の家庭菜園の師匠である友人が来て、面白い話をして帰った。
畑の肥料に”コウモリの糞”が非常に良い、という話を聞いた、というのだ。特に「トマト」と「とうもろこし」には抜群で、甘みがグーンと増す、と言う。
”コウモリの糞”というのがどんな形をして、また売ってるかどうかも知らないので、今日はさっそく園芸店に行ってみようと思っています。続きを読む
posted by てつ at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

元気の源 自然野菜!

わが田舎の菜園は、ただ今、夏野菜真っ盛りです。

トマトが少し色づきはじめ、ナスとキュウリは毎日採れはじめました。ナスとキュウリは毎日採れた分だけを、半分は生で、残り半分は漬物にして食します。我ながら贅沢な食べ方をしてるものだと思います。

トウモロコシが穂をつけてきました、スイカやカボチャも黄色い花が真っ盛りで、人工授粉を待っています。
アオトウとピーマンは今年は上手に3本立てが成功し、元気な実をつけ始めました。サツマイモは、”さあこれから伸びるぞ”と、元気一杯です。

他には、チンゲン菜、サラダ水菜、ごぼう、落花生、ゴーヤ、オクラ、黒豆、ジャガイモ、ニラ、ラディッシュなどなど、所狭しと畑じゅう一杯になって暑い夏を迎えます。

これだけの新鮮な無農薬野菜を、ほとんど毎日、生のままや、煮たり、湯がいたりして食べていると、本当に心底”健康は土から”と思えるのです。人は土から生まれて土に帰っていく、という言葉がありますが、これとどこかで関連してるような気がしてなりません。
posted by てつ at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。