2006年09月22日

ご飯の味

我が家は朝食は全員が洋食で「パン」。夕食は全員が和食で「ご飯」を食べています。
結構「味」にはうるさいほうで、朝の「パン」もフランス帰りのパン職人が個人で作っている「こだわりパン」ばかりで15年。また夜のご飯も
、美味しいとうわさを聞いて遠いところから取り寄せた「コシヒカリ」ばかりを贅沢に食べています。

ところが今年、近所のお百姓さん(実は家は田舎の米どころです)から、「今年採れた新米です。一度食べてみませんか」と言って、採りたてのお米をもらいました。正真正銘の今年の「新米」です。脱穀した後、すぐにもって来てくれたらしく、まだ米があったかかったです。
その米の銘柄が「キヌヒカリ」。

早速その夜、食べ比べてみようと言うことで、キヌヒカリの新米を炊いて
皆で食べました。
大げさでなく、「唖然」としました。ムチャクチャに美味しいのです。毎日食べてるコシヒカリと全然違うじゃないですか。「これは何なんだ!」というくらいなんです。

しかも、買ったらキヌヒカリの新米の方がずっと安いというのです。これは一体どうなってるのでしょう。新米だからと言うのもあるかもしれませんが、絶対にそれだけではありません。キヌヒカリという米は、少し「もち米」風なんです。ネバリというか、モチっぽいというか、感触がちがうのです。それがまた良いのです。
家族はその日から、キヌヒカリの大ファンになってしまいました。
posted by てつ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

昔のおやつ

今年も庭のツツジやさつきの花が終わりました。剪定を始める前に殺虫剤を全体にまいています。
まきながら、ずいぶん昔のことを思い出しました。
昔、小学生だった頃、今のようにみんな裕福でなかったこともあり、田舎では子供たちはおやつの代りに、自然のものを食べた記憶があります。
そんな中で、ツツジの葉にできた「実」のようなものを食べたことを思い出しました。特別な味はなく、美味しいものではありませんでした。

殺虫剤をまいていて、その「実」がたくさんあるのを見つけて、昔のことを思い出したのです。
『お寺の周りのつつじの木にはたくさんあってよく食べたなあ・・』『少し苦いような味だったなあ・・』などと思い出しながら薬剤を噴霧していましたが、一瞬フッと我に返ったような感じになったのです。続きを読む    エッーーー??
posted by てつ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

こんなサイトをご存知ですか?

今回は、知ってる人は知ってるけど、知らない人は全然知らないおもしろいサイトを紹介します。興味のある方はぜひ一度ご覧下さい。

●IT用語なら何でも来い。「IT用語辞典」 便利ですよ。
  http://www.stella-is.com/itdic/

●地域の情報や地図の検索 お店の検索に「Google マップ」
  http://local.google.co.jp/lochp?promo=JP-HP1-local

●類語を調べるのなら、「シーソラス(類語)検索」
  http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

●パソコンに関する質問なら何でもOK 「答えてねっと」
  http://www.kotaete-net.net/bbs00001.aspx
  続きを読む
posted by てつ at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

これは使えそうです。

昨日、日曜大工センターに行きました。
例のごとく、一番好きな「園芸用品」のコーナーを見てまわりました。欲しいものばかりで、つい手が出てしまいます。久しぶりだったので、珍しい商品を見つけました。しかもこれは使えそうです。続きを読む
posted by てつ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

種をまく

畑での野菜の栽培は、大きい流れで言えば、まず土の殺菌、中和のために石灰や苦土石灰をまき2週間ほど放置します。(この間に雨が少し降れば尚良い)その後土を掘り返します。※耕したあとに石灰をまいてもよい。
細かく土を耕し、畝をつくります。状況に応じて植える床に元肥えを入れます。そしてまた1週間放置後、種をまき水をやる、という手順になります。

この中で私が一番重要に考えているのが、「元肥」と「種まき」です。この2つのやり方次第で、野菜の出来栄えや味も収穫も変わってくるからです。
いつもそのつど悩んでいた、この「種まき」にこんな便利な器具があるなんて本当に知りませんでした。(下記を参照)
※ニンジンやラディッシュの種なんか色が黒くなければ見えないほど小さいですから、指でつまむのさえ一苦労です。

これを使えば均一に種がまけるとしたら、「野菜作り」する人には絶対の「買い」だと思います。早速私も買いましたよ。手まきとの差や効果の程はまた報告します。「野菜作り」の楽しみがまた一つ増えた感じです。

これは便利! ノックペンタッチで種が播ける 「タネまっくんA」これは便利! ノックペンタッチで種が播ける 「タネまっくんA」
販売元 : Savegreen Web Shop
価格 :
価格交渉 : 可能(2006/05/24時点)
ノックペンタッチで種が播ける
簡易播種機「タネまっくんA」
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by てつ at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

青いバラ

友人が「青いバラ」を売るといって意気込んでます。
彼によると、バラにはいろいろな色のバラがありますが、生きた「青いバラ」というのはなかったそうです。なかったというより作れなかったのです。
それが最近、ある日本の大手の・・・会社が遺伝子操作によって、ついに生きた「青いバラ」を成功させたのです。その会社はもちろん特許を取って大々的に販売するために、自社の農園に種をまいたそうです。続きを読む
posted by てつ at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて知ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする